文字サイズ

博多華丸が西郷どん 2度目大河「九州人として畏れ多い大役」 新キャスト17人発表

 俳優の吉沢亮(26)が主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(2月14日スタート。日曜、後8・00)の新キャスト17人が26日、同局から発表され、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸(50)が薩摩藩士の西郷隆盛役を演じることが分かった。華丸の大河出演は、2016年の「真田丸」以来2度目。俳優の磯村勇斗(28)、元乃木坂46で女優の深川麻衣(29)、歌舞伎俳優の尾上右近(28)ら大河初出演となるキャストも明らかとなった。

 いまや九州出身の芸能人を代表する存在となった博多華丸が、明治維新を導いた九州の偉人を演じる。

 大河60作目となる同作は“日本資本主義の父”と呼ばれ、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が主人公の物語。幕末から明治にかけた激動の時代に未来を切り開いた勇姿を描く。

 華丸は、チョイ役で出演した「真田丸」以来5年ぶり2度目の大河出演。太めの眉毛にギョロッとした目がよく似た西郷隆盛を演じる。福岡出身である事を引き合いに「九州人として畏れ多い大役」と抜てきを喜んだ。

 祖母の家に「敬天愛人」という西郷隆盛が好んだ四字熟語の額が飾られていたと明かし「『何て読むと~?』と聞いたとき いろいろ説明してくれた記憶があります。天国のばあちゃんに喜んでもらえるよう頑張ります」と熱演を誓った。

 磯村のほか、深川、右近ら大河初出演のキャストも続々発表された。磯村が江戸幕府第14代将軍の徳川家茂、深川が孝明天皇の妹宮で家茂の正室となる和宮、右近が孝明天皇を演じる。

 初大河への思いを磯村は「お芝居以外にも身に付けることがたくさんあり、しっかり体になじませて撮影に臨みたい」とコメント。深川も「錚々たる皆様とご一緒できる喜び。実在した方を演じるという責任の重み。どちらも噛みしめながら、日々の撮影に臨みたい」と本番に向けて熱量を高めていた。

 第三弾として発表されたのは、大久保利通役の石丸幹二(55)、徳川昭武役の板垣李光人(18)、徳川慶篤役の中島歩(32)、梅田慎之介役の渡辺徹(59)ら出演者17人。政治の中心地である江戸と京で活躍する人々を演じるキャストが顔をそろえた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス