文字サイズ

演歌歌手の松永ひとみさんが脳挫傷で死去 53歳 浴室で転倒か

 演歌歌手の松永ひとみさんが19日に脳挫傷のため都内の自宅で亡くなっていたことが26日、分かった。53歳。すでに親族で葬儀が営まれた。

 事務所の公式ホームページはこの日、「松永ひとみ逝去に関するお知らせ」のタイトルで「弊社所属歌手 松永ひとみが、令和3年1月19日 享年53歳にて永眠しました。尚、葬送の儀につきましては、親族のみにて執り行われました。ここに生前中のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます」と、突然の死去を伝えた。

 関係者によると、松永さんが自宅の浴室で倒れているところを親族が発見。検視の結果、転倒した際に頭を強く打って亡くなったとみられるという。

 松永さんは青森県八戸市出身。郷土芸能「青森県手踊り」で14歳で最年少名人に。92年に「海峡平野」でデビューし、その後も精力的に歌手活動を行っていた。またフラメンコダンサーとしても活動し歌手活動と両立させていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス