文字サイズ

NEWS加藤シゲアキ 今度は本屋大賞ノミネート 直木賞に続き快挙 「心から光栄」

 NEWSの加藤シゲアキ(33)の長編小説「オルタネート」が「2021年本屋大賞」のノミネート作品に選出されたことが21日、発表された。直木賞ノミネートに続く快挙となった。

 「本屋大賞」は全国の書店員の投票で決まる賞。加藤の同賞へのノミネートは初で、アイドルが同賞にノミネートされるのも初めてとなる。加藤は「直木賞に続いて本屋大賞にノミネートされたこと、心から光栄に思います」と感激のコメント。デビュー作で書店まわりをした際に、書店員から「書き続けてください」との言葉を贈られていたことが「原動力」になったといい「書店員の方々に選んでいただいたことが何よりもうれしく、また新たなモチベーションが生まれた」と心境を明かした。

 版元の新潮社はノミネート入りを受けて3万部の増刷を決定。発売2カ月で累計13万部となった。ノミネートは、20日に芥川賞に決まった宇佐見りん(21)さんの「推し、燃ゆ」など10作品で、大賞作品は4月14日に発表される。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス