文字サイズ

吉村知事 年末年始の「帰省できれば控えて」

 大阪府の吉村洋文知事(45)は8日、大阪府庁での囲み会見で、新型コロナウイルスの感染拡大が続いている状況を受け「分散ということをお願いしたいと思いますし、どうしてもじゃない限り、帰省は控えてほしい」と話し、府民に年末年始の帰省自粛を呼びかけた。

 府は独自の警戒基準「大阪モデル」の赤信号を3日に点灯させ、15日まで府民に不要不急の外出自粛を要請している。

 吉村知事は「家族の事情で、おじいちゃんおばあちゃんに会わないと…という個別の事情があると思うので、ご家族とよく相談の上ということですが」と前置きしながらも「できるだけ分散していただきたい。できれば、今年の年末年始の帰省は控えていただきたい」と話した。

 政府の「Go Toトラベル」から、大阪市発着の旅行が一時除外されていることについては、期限の15日までに府の新型コロナウイルス対策本部会議を開き「今後どうするかという判断をしたい」と説明した。

 15日まで同市の北区、中央区の酒類を提供する飲食店に要請している午後9時までの時短営業については「まだまだ分析していかなければならないが、感染拡大のスピードは収まってきていると思っています。この1週間が重要。感染拡大の山がどうなったか、きちんと見極めたい」と述べ、同会議で専門家の意見を踏まえ解除もしくは延長を判断するとした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス