文字サイズ

上西小百合、イソジン?住民投票?「コロナの脅威を見誤った吉村府知事が許せない」

 元衆議院議員でタレントの上西小百合が7日、ツイッターに新規投稿。大阪府で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な状況になっていることを受け、「コロナの脅威を見誤りすぎた吉村府知事が許せない」と批判した。

 上西は「大阪の重症病床使用率は68・4%(実際に運用している病床に限れば使用率は86・0%)に達し、ここ最近は一番酷い例みたいにメディアで紹介されている」と切り出し、「イソジンだの黄信号パート2だの住民投票だのコロナ禍でふざけたことばかりして、コロナの脅威を見誤りすぎた吉村府知事が大阪府民の私としては許せない」と苦言を呈した。

 さらに、上西は連続投稿。「“維新なら何でもオッケー”的な傾向のある大阪府民からも流石にふわふわした吉村府知事の発言に批判的な声が上がってきた。パフォーマンスなんかしないで府民の命を真剣に守ってほしかった」と指摘した。

 その上で、上西は3連投したツイートで「あと、パフォーマンスに勤しんでいた吉村府知事にのっかって“コロナ対策含めて…極めて優秀なリーダーだ”とかべた褒めして天狗にさせた人たちも反省して。お陰様で大阪府民の経済も健康も危機的」と訴えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス