文字サイズ

渡部 矛盾だらけボロボロ会見 紛糾し大炎上…「ガキの使いじゃない!」

会見で謝罪する渡部建=都内(撮影・高石航平)
会見場に集まった多くの報道陣=都内(撮影・高石航平)
2枚

 複数女性との不倫問題で6月から芸能活動を自粛している、アンジャッシュ・渡部建(48)が3日午後7時から、都内で会見を開いた。問題発覚後、妻の佐々木希(32)がSNSで、相方の児嶋一哉(48)がラジオ番組で騒動を謝罪していた。渡部本人が公式の場で問題について説明するのは今回が初めて。

 黒スーツにフェイスシールド姿で現れた渡部は、「不適切な場所での不貞行為。大変、申し訳ございませんでした」「最低な行為でした」と謝罪の言葉を述べ、深々と20秒以上、頭を下げ続けた。妻の佐々木の様子について、問題を伝えた当初は「ものすごく取り乱していました」と語った。

 復帰前提での会見ではと批判されていることに、「まずは謝罪」「6月に起きたことへの謝罪」と強調し、「復帰は未定」と繰り返した。

 しかし11月18日に、日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の大みそか特番「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時」の収録に参加していたことを追及されると、「僕の口からは」「本当に申し訳ありません」と繰り返した。

 報道陣から「我々もガキの使いじゃない」「番組名は言わなくていいですから」「再開はしているのか」「会見より先に収録したのか」と追及され、防戦一方。矛盾だらけの説明で、大炎上した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス