文字サイズ

上白石萌音 ノリノリのラップ披露も大テレ「恥ずかしかった」

 女優の上白石萌音(22)が3日、都内で日本語吹き替え版キャストを務めた3Dアニメ映画「トロールズ ミュージック★パワー」の公開記念舞台あいさつに、共演のウエンツ瑛士(34)、仲里依紗(30)、木村昴(30)と登壇した。

 不思議な妖精たちがハイテンションで歌って踊りまくるミュージックアドベンチャー。主人公のポップ・トロールの女王・ポピーを担当した上白石は「テンションが高くて、普段の自分とのギャップがあったので大変でした」と話したが、ウエンツからは「あなた結構、テンション高いよ」と暴露され「この映画で基礎テンションが上がったのかも」と苦笑した。

 さらには、木村とのラップ対決に敗れたウエンツにあおられ、上白石も急きょ参戦することに。「どうしよう…」と最初は尻込みしていたものの、劇中の曲がかかると一転して、ノリノリで見事なラップを披露。仲から「振り切り方が素晴らしかった」と評される熱唱でこの日一番の拍手を観客から浴びると「恥ずかしかった。あんまり報道しないで」と、照れ笑いしながらしゃがみこんでいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス