文字サイズ

ルイズルイス加部さん死去、71歳 ゴールデン・カップスなどで活躍

 グループサウンズを代表するバンド「ザ・ゴールデン・カップス」のベーシスト、ルイズルイス加部(るいずるいす・かべ、本名加部正義=かべ・まさよし)さんが26日午後3時2分、多臓器不全のため横浜市内の病院で死去したことが27日、分かった。カップスの公式サイトが発表した。71歳。横浜市出身。葬儀は親族のみで行う。

 48年生まれ。67年、カップスでプロデビュー。陳信輝(ギター)、ジョーイ・スミス(ドラムス)との伝説のバンド「スピード、グルー&シンキ」を経て78年、「ジョニー、ルイス&チャー」(後のピンククラウド)を結成。卓越したプレイとハンサムなルックス、クールなたたずまいで人気を博し、日本ロック界を代表するベーシストの一人だった。

 近年は病気療養しつつ、国内最大級のフェスティバル「フジロックフェスティバル」出演など、カップスの活動を続けており、9月にもライブが予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で中止されていた。

 カップスはボーカル、ドラムスのマモル・マヌーさんが1日に死去したばかりで、立て続けの悲報となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス