文字サイズ

松田聖子が涙…「あの素晴らしい曲があったから今の私がいる」 胸いっぱいに

 今年でデビュー40周年を迎えた歌手・松田聖子の特集番組「松田聖子スペシャル 風に向かって歌い続けた40年」が22日夜、NHK総合で放送され、聖子が涙する一幕があった。

 番組には聖子、聖子のヒット曲を数多く手掛けた作詞家の松本隆氏、「チェリーブラッサム」、「白いパラソル」、「野ばらのエチュード」、「夏の扉」などを作曲した財津和夫、「赤いスイートピー」、「渚のバルコニー」、「小麦色のマーメイド」、「時間の国のアリス」、「秘密の花園」、「瞳はダイヤモンド」、「制服」などを作曲した呉田軽穂こと松任谷由実、写真家の篠山紀信氏が出演。

 松本氏、財津、ユーミンのインタビューからスタジオの聖子にカメラが切り替わると、聖子の目は潤んでおり、涙をこらえているような表情。

 「素晴らしい方々に曲を書いていただいて…」と絶句すると、左手でハンカチを取り出して涙をぬぐい、「ホントに皆さんに感謝の気持ちでいっぱいですね。あの素晴らしい曲があったから、今の私がいることができるので。もう胸がいっぱいですね」と、涙から笑顔になりつつ感慨を口にした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス