文字サイズ

山口達也容疑者、現行犯逮捕…TOKIO“合流”絶望的 メンバーを再び裏切る愚行

 元TOKIOのメンバー・山口達也容疑者(48)が22日、酒を飲んでバイクを運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで警視庁練馬署に現行犯逮捕された。同容疑者は容疑を認めているという。山口容疑者は2018年4月に飲酒して女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検され、ジャニーズ事務所を退所。その際も大量の飲酒をしたことが明るみとなったが、またも酒によるトラブルで逮捕という最悪の事態を招いた。

 TOKIOメンバーたちの山口容疑者への思いは、届かなかったのだろうか。一昨年、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された際、城島茂(49)、国分太一(46)、松岡昌宏(43)、長瀬智也(41)らは緊急会見を開き、涙を流し山口への思いを口にした。飲酒が招いた軽率な行動に、松岡は人目をはばからず声を詰まらせ、「正直、あなたは病気です、と。甘さを改めてもらえない限り、何もできない」と断罪。強い信頼関係で結ばれていたからこその呼びかけだった。

 そんなメンバーたちは、山口容疑者の退所後も見捨てることはなく、折に触れ連絡を取っていたという。今年7月に、長瀬が来年3月いっぱいで脱退・退所し、城島ら3人でジャニーズ事務所傘下株式会社「TOKIO」を設立することを発表。その際にも、同容疑者に報告しており、松岡は「われわれTOKIOというのは、94年9月21日にデビューした5人。この先、長瀬が脱退しても一生、TOKIOは5人で、この5人のつながりがなくなることはない」と変わらない絆を口にしていた。

 そして、新会社での将来的な山口との“合流”について「将来どんな形になるか分からないが、関わることもあるのかもしれないし、絶対ないとは言えない」と含みを持たせていた。しかし、今回の逮捕で実現は遠のいた。芸能関係者らは「極めて困難になるだろう」と話した。

 16年に妻と離婚した山口容疑者は、現在は1人暮らしだったとみられ、兄ら家族が同容疑者を支えていたという。

 2年前の会見で「今は絶対に飲まない」と話していた山口容疑者。かつての過ちを受け入れ仲間であり続けた4人を、再び裏切ってしまった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス