文字サイズ

ダークヒーロー役・福士蒼汰、自身のダークな部分考え「なかった」とさわやか笑顔

 俳優の福士蒼汰(27)が22日、この日スタートのカンテレ・フジテレビ系主演ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(火曜、後9・00)の「スタート直前企画」として、共演の俳優・野村周平(26)とともに約25分間、インスタライブを行った。

 福士は、元犯罪者ながら極秘で結成された『潜入捜査チーム』の一員として悪の組織に潜入し、内側から悪を一掃する黒沢兵悟役。野村は、兵悟のライバルで元海上自衛官で優秀な成績を収めたエリート・佐根村将を演じる。

 「撮影中に見つけたお互いの新たな一面」について、福士は「(野村は)すごい周りのことを気にしてるんだなというのは思った」と告白。野村は「福士君は案外、ノリよくノッてくれるよね」と明かした。

 約7000人が視聴したが、別部屋からのリモート配信だったため、かみ合わない時間もあり、「野村君はまだアメリカにいるのかな?時差がすごいです」というコメントが届き、留学帰りの野村が「いまオレ、ニューヨークにいるから」とジョークで返す場面があった。

 ほかにも野村は「(全)5話で3秒しか出てない」「(自分の役以外で演じるなら)女医です。女医をしたい」「(神戸出身の)関西人なのに関西弁をしゃべらせてもらえなかった」などとボケを連発した。

 初のダークヒーロー役となる福士は、今作の好きなシーンとして「(上半身裸で)河原でワーッというシーンは好き」と回答。野村は「オレも見たいもん。福士君のパンイチ(パンツ一丁)のところ。オレだけ(完成版の)DVDが送られてこない」と笑わせた。

 最後に野村が、共演のりょう(47)からの「兵悟はとってもダークで心底悪い。福士君はさわやかで、きれいなとこしか見てない。福士君にダークなとこはありますか」という質問を読み上げた。

 福士が「周平はありそう」と言うと、野村は「オレは表に出てるからダークじゃない。逆にクリーン」と力強く返答。福士は「結構、難しいですね」と考えた挙げ句に、「皆さん、ごめんなさい。なかったです」と笑顔で謝罪した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス