文字サイズ

立憲自滅 今度は枝野代表が違法喫煙で炎上中…石垣議員「体壊す癖」に続き

 安倍晋三首相の辞任表明に伴い、自民党内のポスト安倍争いに注目が集まる中、立憲民主党の枝野幸男代表が、4月に受動喫煙防止を強化した改正健康増進法が施行されたにも関わらず、一部国会議員が議員会館の事務所で喫煙する違法行為が横行していると報じられた件で、自身も当該行為を行っていたことを認めた。

 枝野氏は「認識が甘かったと反省している」と謝罪した。

 立民では、安倍首相の辞任表明を受け、石垣のりこ参院議員がツイッターに「大事な時に体を壊す癖がある」などと投稿して問題に。枝野氏も「不適切」との見解を示し、石垣議員は謝罪したが、今度は枝野氏本人が炎上。ネット上では「どう責任を取るのですか?」「これが自民党議員だったらどんな反応するのか」「天狗になっている」「代表ですらこれ」「他人に厳しく身内に甘い」と猛烈な勢いで批判コメントが投稿されている。

 設置された喫煙室に行かなかったことも問題視され、枝野氏のツイッターにも「おたくの党は次から次へと凄いですね」「こういう事をされると喫煙者の肩身が益々狭くなる」「これが与党の人だったら、『辞任!辞任!』としつこくせまりまくるくせに」「ルールすら守れない人が法律や憲法を守れとか片腹痛い」と厳しいコメントが相次いでいる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス