文字サイズ

藤井棋聖が4連勝で王位奪取に「望外」 史上最年少での二冠&八段昇段達成

「二冠」と記した色紙を手にほほえむ藤井聡太新王位=福岡市内
藤井棋聖の午後のおやつ「アイスティー」と「オレンジジュース」(日本将棋連盟提供)
2枚

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦第4局の2日目が20日、福岡市の「大濠公園 能楽堂」で指され、藤井棋聖が勝利。無傷の4連勝で七番勝負を制して王位を奪取し、史上最年少となる18歳1カ月での二冠保持&八段昇段を達成した。

 藤井棋聖は、前日に規定時刻からさらに20分間の考慮で決めた封じ手が強烈な一手で、徐々にリードを拡大。昼食休憩後には一気に差を広げた。最後は“千駄ヶ谷の受け師”の異名を取る木村王位に、粘る余地を与えずに押し切った。

 二冠の最年少記録は羽生善治九段(49)が1992年に王座と棋王を保持した際の21歳11カ月で、28年ぶりの更新。八段昇段の最年少記録は、加藤一二三九段(80)=引退=が1958年に順位戦A級昇級で達成した18歳3カ月で、こちらは実に62年ぶりの新記録達成となった。

 終局後、藤井新王位は「自分にとって初めての2日制の対局でしたし、その中で自分としてもいろいろ得るものがあったのかなと思います」と回顧。「内容的には押されている将棋が多かったと思うんで、4連勝という結果は望外というか、自分の実力以上の結果だったのかなと思います」と話した。

 王位奪取については「それについては、あまりまだ実感がないところではあるんですけど、今回七番勝負でいろいろいい経験ができたかなと思うので、それを生かせるように引き続き頑張っていきたいと思います」と淡々。最年少記録更新については「それについては、まったく対局に臨むにあたっては意識してなかったことではあるんですけど、棋聖戦と王位戦2つのタイトル戦に出ることができて、その中で勝つことができたというのは収穫だったのかなと思います」と穏やかな口調で語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス