文字サイズ

小木「ヒマで無理やり受けた」検査でがん発覚 「最悪な退院」に苦笑い

 お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が14日未明、TBSラジオ「JUNKおぎやはぎのメガネびいき」でステージ1の腎細胞がんであることを告白した。放送終了のタイミングで、所属事務所のホームページでも小木のがん治療と休養を公表。「初期の腎細胞がん(ステージ1)が見つかりました。8月17日から入院し、治療に専念致します」とした。治療の経過を見ながら、9月上旬に仕事復帰を予定している。

 ホームページでは小木のコメントも掲載。「幸い取り除けばよいという所謂ステージ1であるのですが、『まさか自分が』という有名な言葉を皆さまにお送りしたいと思います」とした。

 おぎやはぎは、ラジオ放送終了後の「アフタートーク」で、詳細を明かした。

 小木は、家族も付き添わない状態でがん告知されたことに驚いたことを明かした。当初は偏頭痛で入院していたが、治療がうまくいき、余裕があったため検査を受けたという。「偶然的にヒマだからさ、(検査を)受けられた訳じゃない。先生たちも『ラッキーでしたね』と。今年は人間ドックやる気もなかったし。去年も行ってないのよ」と説明した。

 相方の矢作兼が「来年の春とか、5月6月(の人間ドック)だったらステージ1とかですまなかったかも」と続けると、小木は「本当に今年受けなかったら、先生たちは『死んでたかも』って。だからラッキーだなって」と幸運だったことを強調した。

 入院前の血液検査も問題無く、医師も当初は「大丈夫だと思うんですけどね」と検査に消極的だった。脂肪肝の数値がプラスになっていたため、強引に肝臓の検査を依頼したという。「ほぼ無理やり」受けたエコーの検査で「しこりがあります」と再検査に。「MRIを、造影剤使ったり、そこで…出たんですよ」と明かした。

 退院日までの3日間がヒマだったため、受けた検査でがんが発覚。「『こんな退院あんの』って思ったよ。最悪な状態で退院してんだからね。治しに入院してんのに、がん告知されて退院してんのよ。放り出された感じだからね」と苦笑いだった。

 手術は「ダ・ヴィンチ」という最新のロボットを使って行われる予定。「いい先生がやってくれるってことで。手術は怖いけど、今の医療を信じて、おれは全身麻酔で寝てるだけだから。後は医者が頑張ってくれればいいわけだから」と信頼している。矢作は「がん告知された時はショックだけど、良かったっちゃぁ良かったか」と早期発見を喜んでいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス