文字サイズ

山下達郎が「オマリーの六甲おろし」オンエア 「OKした人の顔が見たい!」

 シンガー・ソングライターの山下達郎が9日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「山下達郎サンデー・ソングブック」で、阪神ファンの間では知られる「オマリーのダイナミック・イングリッシュ~オマリーの六甲おろし~」をオンエアした。

 同曲は、NHKの朝ドラ「エール」でも知られる「阪神タイガースの歌」、通称「六甲おろし」を、1994年に当時阪神に在籍していたトーマス・オマリー氏がCDとして発売したもの。オマリー氏の微妙過ぎる音程とともに、知る人ぞ知る1枚となっている。

 この日の番組は「珍盤・奇盤特集」。山下は「音痴レコードの最たるものというやつです。リクエストの山が続いてるんですが、どうしても勇気がなくて(番組で)かけられませんでした」と紹介した。オンエア後は「しかし、これ歌をOKしたディレクターの顔が見たい!」と苦笑い。「オマリー選手は野球選手としては一流の人なのに、これだけだとアホタレみたいですよね。かわいそうです」と愛情たっぷりに語った。さらに「知り合いの阪神ファンが、カラオケ屋に行ってこれをまねするんです。倒錯してますよね」とあきれつつ明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス