文字サイズ

関ジャニ∞ 大倉の分も!センター空け盟友ソロ曲熱唱!「エイトの日」で絆魅せた

 関ジャニ∞が8日、大阪・松竹座から無観客ライブ「Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~」を「Johnny’s net オンライン」で生配信した。この日はファンの間で「エイトの日」として親しまれている記念日。メンバーの大倉忠義(35)が体調を考慮し出演を見合わせたが、村上信五(38)、横山裕(39)、丸山隆平(36)、安田章大(35)の4人で、大倉の不在を感じさせない全力パフォーマンスを披露した。

 大倉が立つはずだったセンターを空け、4人はヒット曲「好きやねん、大阪」を熱唱した。村上信五(38)は「本人は出たい言うてたんですけどね」と大倉の心境を代弁した。体調と大阪への移動の負担を考慮し、メンバーの判断で大事を取って欠席。断腸の思いで不在となった仲間のためセットリストの曲も急きょ再編成し、大倉のソロ曲「Butterfly I loved」を取り入れた。

 デビュー前の02年に初めて立ち、数々の公演を重ねてきた松竹座。「エイトの日」の凱旋ステージに、メンバーも特別な思いで臨んだ。松竹座時代の楽曲をふんだんに取り入れ、横山は髪を当時と同じ金色に染めて登場。おなじみの爆笑キャラ「エイトレンジャー」も登場し、関ジャニの真骨頂を貫いた。

 丸山は画面の向こうのファンへ「皆さんと楽しい時間を過ごせたと思います」と優しい笑顔で呼びかけた。横山は「大倉がいなかったことが、ちょっと悲しい思いさせたかもしれないですけど、大倉が一番悔しいと思います」と話し、「無観客でやりましたけど、やっぱり皆さんでライブすることが好きです。日常が戻ったら皆さんと暴れたい」と思いを新たにした。

 アンコールでは、大倉の写真入りのTシャツを着て「Cool magic city」を熱唱。安田は「悔しい思いをしてる方々、ツラいと思っている方々、全国にたくさんいると思いますが、僕たちがつながっていることは確かな絆だと思ってます」と呼びかけていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス