文字サイズ

陰性の志らくがリモート出演 コメント途中でフリーズ…ハセンアナ「大切なところで音声が」

 落語家の立川志らくが6日、TBS系「グッとラック!」にリモートで出演した。志らくは3日に発熱と倦怠感を訴えPCR検査を受け陰性と診断されている。

 志らくは4日、5日は番組を欠席したが、PCR検査で陰性だったことや体調も回復したことからこの日はリモートで出演。国山ハセンアナから「志らくさん、お帰りなさい」と呼びかけられると「お騒がせしました」とあいさつした。

 体調については「熱も平熱に戻ってますし、PCRと念のためCTも撮って陰性ということで、念には念をいれてリモートとなりました」と説明。すぐにPCR検査を受けられたことについて「なんで志らくはすぐに受けられたんだと。志らくに限ったことじゃない、スポーツ選手、芸能人すぐ受けられる。これはおかしいんじゃないかと。なかには上級国民とか言われるがそんなことはなくて」と切り出した。

 そして「学校なんかはどっかの病院と協力しあったり、芸能人の多くはホームドクターがいたりする。そういう関係で見てもらえる」と、所属する団体がかかりつけの病院を持っていたり、芸能人も個人でかかりつけ医をもっていることが多いことから、PCR検査を受けることができると説明。

 だが、志らくが「金銭的な問題でホームドクター難しい人がいるかもしれないが、かかりつけのお医者さんを持つと…」と言ったところで突然画面がフリーズ。ハセンアナは「大切なところで音声途切れました…」と残念そうに話していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス