文字サイズ

吉村知事 うがい薬騒動でSNS連投「感染拡大防止の新たな選択肢」の可能性と

 大阪府の吉村洋文知事が5日、ツイッターに新規投稿。自身が会見で、ポビドンヨードを含んだうがい薬が新型コロナウイルスに効果がある旨の発表を行った件で、西村康稔経済再生担当相が「専門家判断で活用検討」としたと伝えるニュースを取り上げ、西村氏が「単純なうがいではウイルスはなかなか取れないというのが、これまでの知見だ」とも語ったことを指して「これまでの定説」と指摘した。

 そのうえで「他人にうつす主な原因が唾液。ポピドンヨードのうがいが、口中のコロナを減少させ、陰性化促進が期待できれば、感染拡大防止の新たな選択肢が生まれる」と投稿した。

 吉村氏の発表に対しては、専門家から科学的でないとの批判もあるが、イソジンなど市販薬が国内の薬局で売り切れるなどしている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス