文字サイズ

吉村知事「ネット上の大批判、構いません」と投稿…うがい薬について

 吉村洋文大阪府知事が4日、ツイッターに新規投稿。会見で「ポビドンヨード」を含んだうがい薬が、新型コロナウイルス感染拡大防止に一定の効果があると述べたことに触れ、「また吉村がおかしなこと言い出してるとネット上の大批判がありますが、構いません」とツイートした。

 吉村知事は「ポピドンヨードの公表資料です」(原文ママ)と府が公表した資料も投稿。「臨床研究をしたのは松山医師。阪大系の先生で最近まで藤田医科大教授、現在、府立病院機構の次世代創薬センター長。詳細は下記の通りですが、うがい群と非うがい群の毎日のPCR検査は起床時のうがい前に実施。うがい後に検査ではありません」と投稿した。

 また「ポピドンヨードの効能としてコロナに効くとは薬事法上も言えません」(原文ママ)とも。「松山先生の臨床研究成果の公表です。今後、大阪のホテル療養者向け第二次の大々的臨床研究にも府は協力します。新薬でもなく、昔からあるうがい薬、試す価値はあると思ってます。用法用量はお守り下さい。医薬品の転売は犯罪です」と転売を控えるように呼びかけた。

 さらに吉村知事は「ちなみに、また吉村がおかしなこと言い出してるとネット上の大批判がありますが、構いません。松山先生の研究成果を信じて頂かなくても構いません。大阪の社会経済に壊滅的なダメージを与え、府民の健康と命の脅威となってるコロナから、なんとか府民を守るべく、今後もありとあらゆる努力をします」と決意を示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス