文字サイズ

福原遥、マスク時のメークポイントは「目元を明るく、ちょっと濃いめに」

 女優の福原遥(21)が15日、都内で行われた「ジルスチュアート 1day UV」新色・新CM発表イベントに登場し、新CMで披露した“見つめ顔”を生公開した。

 同商品のイメージキャラクターを務める福原は、まずはプレゼンに初挑戦。ブラウンとブラックの2色を流ちょうにアピールし「すごい緊張しました」と振り返った。カラコンを付けた“見つめ顔”には「恥ずかしかったです。普段はしないですよね。いざといういう時に、目から大好きだと伝えたい時とか。人と話している時も、目をしっかり見て話すと、楽しい、幸せだと見られると思う」と明かした。

 新型コロナウイルスの感染拡大予防で、福原もマスクを手放せない生活を続けてきた。マスクをした時のメークのポイントは「マスクをしていると、あんまり表情が分からないですよね。目元を明るくして、明るく、元気な印象にしたいので、ラメを付けてキラキラさせるとか。ちょっと濃いめにやるのがいいんじゃないですか」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス