文字サイズ

藤井七段 北海道の食材でパワー充電 勝負メシはステーキカレー

 藤井七段が昼食に注文したビーフステーキカレーセット(日本将棋連盟提供)
 藤井七段の午前のおやつ「ミニクリームどら焼き」と「アイスコーヒー」(日本将棋連盟提供) 
 藤井七段の午後のおやつ「オレンジジュース」(日本将棋連盟提供)
3枚

 将棋の藤井聡太七段(17)が、木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負第2局第2日が14日、北海道札幌市の「ホテルエミシア札幌」で指され、藤井七段が144手で勝利し、2連勝とした。

 2日目の昼食は木村王位が「ビーフシチューセットランチ」を、藤井七段は「ビーフステーキカレーセットランチ」を注文。今回の2日間のためにホテルが用意した4種類のメニューは、すべて選択された。藤井七段が選んだステーキには、十勝ハーブ牛ロースを使用。付け合わせの季節の温野菜ローストは、すべて北海道産の野菜が使われていた。

 おやつはこの日も午前10時と午後3時の2回出された。午前は木村王位がアイスコーヒー、藤井七段は、ミニクリームどら焼きとアイスコーヒーを、午後は木村王位がフルーツ盛り合わせとコーラ、藤井七段はオレンジジュースを選んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス