文字サイズ

藤井七段「千駄ヶ谷の受け師」を受けさせず 木村王位「鋭い寄せ」脱帽

 将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負第1局2日目が2日、愛知県豊橋市の「ホテルアークリッシュ豊橋」で指され、藤井七段が95手で勝利。地元・愛知県での対局を制し“Wタイトル戦”の初戦を幸先良く飾った。1日目から攻勢に出た藤井七段は、この日も思い切り良い踏み込みで優位を拡大し、木村王位の反撃を許さぬまま完勝。初の2日制にも動じることなく、タイトル戦は初登場から3連勝となった。

 いいところなく敗れた木村王位は「どこかで対応をはっきり間違えた気がしますね。封じ手のところは苦しい上に変化のしようがないので、一方的な感じになっちゃったかな」と力なく話した。

 「千駄ヶ谷の受け師」の異名を取る粘り腰が持ち味だが、正確な指し回しの前に粘るチャンスも与えられず。1日目で劣勢となり、2日目の指し手も「(藤井七段が)間違えたら…という感じの、プレッシャーを掛けた手なんですけど、どうやってもピッタリ寄っている感じ」と説明。「結構頑張ったつもりではいたんですけど、最後もピッタリしてますし、鋭い寄せだったんじゃないかと感じましたね」と脱帽した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス