文字サイズ

木村王位、藤井七段の強さに脱帽…完敗「鋭い寄せだった」

 将棋の藤井聡太七段(17)が、木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負第1局2日目が2日、愛知県豊橋市の「ホテルアークリッシュ豊橋」で指され、藤井七段が95手で勝利。地元・愛知県での対局を制し、“ダブルタイトル戦”の初戦を幸先良く飾った。

 序盤からリードを許し、最後までいいところなく敗れた木村王位は「ちょっと詳しく調べてみないと分からないんですけど、どこかで対応をはっきり間違えた気がしますね。封じ手のところは苦しい上に変化のしようがないので、一方的な感じになっちゃったかなと」と力なく話した。

 「千駄ヶ谷の受け師」の異名を取る粘り腰が持ち味だが、藤井七段の正確な差し回しの前に粘るチャンスも与えられなかった。封じ手の局面は「苦しいと思っていました。対応がまずさが出たと思います」と反省。2日目の指し手も「(藤井七段が)間違えたら…という感じの、プレッシャーを掛けた手なんですけど、どうやってもピッタリ寄っている感じがしますね」と説明し、「結構頑張ったつもりではいたんですけど、最後もピッタリしてますし、鋭い寄せだったんじゃないかと感じましたね」とただただ脱帽だった。

 藤井七段に対しては、対局前日に「17歳の少年とはとらえていない。むしろ挑戦者のつもりで臨む」と語っていた木村王位。1局目は相手の強さばかりが目立ってしまったが、13、14日に北海道・札幌市で行われる第2局に向け「去年と違ってすぐの対局になりますので、早く気を取り直して準備をして、頑張りたいと思います」と前を向いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス