文字サイズ

児嶋、涙の謝罪 渡部へ厳しく助言「心を入れ替え、愛がある人間にならないとダメ」

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が複数の女性との不倫で活動自粛を発表したことを受けて12日、渡部がナビゲーターを務めるJ-WAVE「GOLD RUSH」(金曜、後4・30)には相方の児嶋一哉(47)が代役出演。渡部が不適切な行為に及んだとされる六本木ヒルズ内のスタジオから約11分間にわたって涙ながらに騒動を謝罪。「タチが悪い」「大バカ」などと渡部を厳しく批判した。

 児嶋は渡部への失望と怒りでおえつを漏らしながら一連の騒動を謝罪した。冒頭11分間で「申し訳ありません」「すみません」と何度も涙を流した。

 妻子がありながら複数の女性と不貞行為に及んだ相方について「笑えない、タチが悪い、気持ち悪い」と不快感を包み隠さず口にした。言葉に詰まり、沈黙して絞り出したのは「ほんとにバカ。大バカで。調子に乗っていた。仕事もうまくいくし、プライベートも順風満帆で、天狗だったんですよ」という怒りに満ちたものだった。

 爽やかでスマートなイメージを売りにしてきた渡部だが、日頃の態度には思うところがあったという。「ダメですよアイツは。お前なんで、傷つくようなことを平気で言うんだと。思いやりと愛がない」と真逆の素顔を暴露し「だからこういうことになるんですよ」と厳しく戒めた。

 10年以上前に渡部のそうした態度が原因でケンカになったというが、相手の仕事が増えたことからコンビの関係性は徐々に変化。「立場的に(弱くて)何かを言うっていうのができなかった。こういう僕の弱い部分がアイツを甘やかしたんだと思う」と自身にも責任があるとした。

 渡部と騒動発覚後に2回ほど連絡を取ったことも報告。「心を入れ替える」と謝罪されたというが、児嶋は「人間そんな簡単に変われると思っていないので、心を入れ替えて、愛がある人間にならないとダメです」と突き放した。

 ただ、“今後”について言及する場面も。「復帰どうこうって、まだ全然早いですけど」と前置きした上で「場を与えてもらえる時は、ガラッと人間的に変わらないとダメ。復帰できなくてほかの仕事するとしても、変わってないとダメ」と発言。「変に口先が上手くて、小手先に走らず、心で人と通じ合える人間になってほしいですよ」と腐った性根をたたき直して戻ってくることを願った。

 児嶋は13日のTBS系「王様のブランチ」(前9・30)にも出演予定。相方のための“謝罪行脚”はこれからも続く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス