文字サイズ

テラハ打ち切りに検証、再発防止願う声「真実明らかに」「カウンセリングなど対策を」

 ネットフリックスとフジテレビで配信、放送されている「テラスハウス」の放送と制作が中止されることが27日、発表された。番組内の言動を巡り、出演していた女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が誹謗中傷を受け、23日に死去。遺書めいたメモが見つかっている。

 公式ツイッターやフジテレビの番組サイトで27日夜、「『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に関しましては、制作を中止する事を決定致しました。この度のことを重く受け止め、今後も真摯に対応して参りたいと考えております。」などと発表された。この決定に、公式ツイッターにはさまざまな意見が寄せられた。

 「打ち切りは当たり前」「当然の決定」などの意見も多く見受けられ、「番組側はどこまで黙認してしまっていたのかなど、真実を明らかにしていただかないことには、花さんは浮かばれない」「改善しない限り二度とやらないでください。製作側も同罪」「SNSがある以上、このような番組はダメ。同じフォームの番組は二度としないでいただきたい」と改めて検証や再発防止を願う声が多く届いている。

 中には「2019-2020に関しては制作を中止?まさか一定期間後にまたやるなんて事はないですよね?」と木村さんが出演していた放送中のシーズンだけ中止にする、という決断では?と推測する意見も。

 一方で「仕方ないことですが…第1回目から欠かさず観ていた番組だけにショックが大きいです…」と惜しむ声や「今後の復活を期待しています」と新シーズンでの復活を願う声、さらに、海外のリアリティ番組でも自殺者が出ていることから、「精神科のカウンセラーをつけるなり対策した上で新シリーズを期待したいです」と専門家によるカウンセリングの必要性を訴える声も寄せられている。海外のファンから「また新しいシーズンを希望します」(※原文は英語)という意見も届いていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス