文字サイズ

21年朝ドラヒロインに清原果耶 震災10年節目、宮城が舞台「おかえりモネ」で

 NHKは27日、21年前期の連続テレビ小説が「おかえりモネ」で、ヒロインが清原果耶(18)と発表した。

 「おかえりモネ」は、宮城県を舞台に描かれる現代ドラマで、震災10年の節目に東北の今と未来を見つめた物語。ヒロインは、東京からやってきた気象予報士に感銘を受け、難関の気象予報士を目指すという設定。作者はフジテレビ系ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命」や、テレビ東京系「きのう何食べた?」などを手がけた安達奈緒子氏。

 ヒロインの永浦百音(ながうら・ももね)に決まった清原は「『私、10分先の未来を予測したいです!』百音ちゃんのその言葉に、私は励まされました。あの時、ああすればよかった?なんて考えてしまうことも少なくないような世の中で、力強く生きる彼女だからこそひらける空があるのではないかと思っています」とコメント。「ドラマを見て下さる皆様それぞれに芽生える朝が来ますよう、作品作りの尊さとしっかり向き合いながら、スタッフ・キャストの皆々様と誠心誠意お届けして参ります」と意欲を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス