文字サイズ

黒川検事長の辞職を承認 森法相は進退伺提出も慰留受け辞任せず

 政府は22日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に、新聞記者らと賭けマージャンをしていた東京高検の黒川弘務検事長(63)の辞職を閣議で承認した。黒川氏は21日、訓告処分を受け、辞表を提出していた。後任は、名古屋高検の林真琴検事長(62)が有力となっている。

 森雅子法相は21日夜、安倍晋三首相に進退伺を提出。首相から「引き続き職務に当たってもらいたい」と慰留され、辞任しない意向を示した。形だけの進退伺いに、野党からは「進退伺ではなく、辞表を出したほうがいい」との声が飛んだ。

 森氏は22日の記者会見で「(黒川氏の定年を延長する)閣議請議を提出した立場で責任を痛感している」と謝罪。一方で首相に慰留され「非常につらい道だが、法務行政を停滞させることなく進め、検察の立て直しをしなければならないという思いに至った」とし、辞任しない意向を示した。「軽い」と批判される訓告とした理由は、賭けマージャンの過去の処分例など「さまざまなことを総合考慮した」と説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス