文字サイズ

吉村知事「外出、外食していい」…「気の緩み」とは違う

 大阪府の吉村洋文知事が18日、読売テレビ「情報ネットten.」に生出演。新型コロナウイルスで独自の「大阪モデル」を達成し、16日から休業要請の段階的解除が始まったが、「外出していいのか?」という疑問に答えた。

 ゴールデンウィーク明けの「気の緩み」を心配する声や批判する声もあるが、吉村知事は、「外出していいんですか?」という質問に、ズバリ、「これからは外出していいと思います」と答えた。

 ただし、「外出の仕方を考えないといけない」とし、(1)きちんとマスクをする (2)人との距離をできるだけとる--を「100%じゃないにしても、常に1人1人が感染防止を意識することをぜひ協力してもらいたい」と話した。

 ただし、「夜の接客を伴うお店…夜の繁華街以外は、外出していただいていいと思います」とナイトクラブのような夜の接客(接待)を伴う店は引き続き、クラスター発生の懸念もあることなどから休業の必要があるとの考えを改めて示し、「『緩みがある』とか言われてると思うんですけど、それは違うと思う。ガイドライン作って、休業要請解除してお店開けてください、とか言いながら、『府民の皆さん、外に出ないでください』は、矛盾だと思ってます。これはある意味、真綿で首を絞めるような話でね、僕は違うと思ってる」ときっぱり述べた。

 また「外食してもいい基準は?」の質問にも「僕は感染症対策とってお店行っていいと思ってます」ときっぱり。これまで通り、「感染者ゼロを徹底的に目指し続けるなら、今まで通り全員が家に閉じこもって外では一切、活動しない、これをやったら多分ゼロは続けれると思います。でもそれだと経済を失って、そのために失う命もある」と説明。「ゼロリスクはない、っていうことを我々大阪府民が受け入れるべきやと思うんです。(感染が再び広がって)もっと(数字が)あがってきたら、もう1回(自粛)お願いありえます」と府民の協力を呼びかけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス