文字サイズ

堀江氏が危惧、安倍首相の憲法改正で「緊急事態条項」創設に「確実に危険な方向性」

 「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏が3日、ツイッターに新規投稿。安倍晋三首相が改憲派のウェブ会合に向けたビデオメッセージで、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大規模災害などの際に内閣権限を強化する「緊急事態条項」を憲法改正で創設する必要性を訴えたという報道を全文とともに引用し、「これは確実に危険な方向性」と警戒感を示した。

 堀江氏の投稿に対し、リプ欄には「これが通ってしまえば、政府の思うがままになんでもできてしまう」「煽って恐怖を植え付けて憲法改正」「戦時中の国家総動員法を彷彿とさせます」と危惧する意見や、「やってる感?9月入学といい、国民はもう騙されない!」とコロナ禍での緊急経済対策などの失点から目をそらす意図を指摘する声もあった。

 さらに「後半がヤバイ。緊急事態と関係ない、今ここで議論すべきではない事へ話題が逸れている」と苦言を呈するリプもあり、堀江氏の危機感に共感を示す意見が占めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス