文字サイズ

岡江さん 自宅療養から3日で容体急変に坂上忍「怖い」、「検査の線引き」に疑問

 女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎により23日午前5時20分、都内の病院で亡くなった。63歳。所属事務所が公表した。

 岡江さんは今月3日に発熱し、医師から4~5日様子をみましょう、と言われ、自宅療養していたが、6日に容体が急変し、緊急入院。ICUで人工呼吸器を装着し、その後、PCR検査でコロナ感染が陽性と確認された。懸命な治療を続けていたが、帰らぬ人となった。

 俳優・坂上忍は23日夜、フジテレビで生放送された「直撃!シンソウ坂上」で、「自宅で療養してください、って言われて、急変…。これちょっと怖い」と“軽症”とされる症状から、容体が急変するコロナ特有の症状の恐ろしさに言及。「PCR検査を受ける線引きというか、ラインみたいなものもどうなんだろう、って気もしちゃうんだけど」と、検査をなかなか受けられない現状に疑問を投げかけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス