文字サイズ

宝塚雪組元トップが引退決意 「声帯に影響を及ぼす手術」を受けると告白

 元宝塚歌劇団雪組トップスターのたかね吹々己(ふぶき)=宝塚時代の芸名は高嶺ふぶき=が1日に自身のブログを更新し、芸能界を引退することを公表した。声帯に影響を及ぼすような手術を受けることを明かし「けじめとして表舞台から引退しようと思っています」とした。

 たかねは「たかね吹々己より 大切なお知らせ」と題してブログを更新。「私事ですが、どうしても声帯に影響を及ぼしてしまう手術を受けなければならない事となり(声自体を失くす事は無いはずですが)歌声は失くしてしまう事になります…。」と告白。「全てを受け入れて、この手術を受ける事を決心するためにも、けじめとして表舞台から引退しようと思っています」と苦しい胸の内を明かした。

 ファンに向けて「また新しい生き方をご報告したい…です」と何とか前向きな言葉をつづった。女優としては、今月10~12日に京都府立文化芸術会館で上演される舞台「劇団とっても便利ミュージカル『美しい人』」が最後の仕事。「お芝居のカンパニーの一員としてのパフォーマンスは京都の舞台が最後となりますので、どうか今の私の生の歌声を聞きに来て下さいませ」とアピールした。

 たかねは京都市出身。1983年に宝塚に入団し、96年に雪組トップに就任した。97年に退団した後も女優として活動を続けていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス