文字サイズ

橋下氏、激怒で喉の痛み引く?「病院駆けつけるの危険」ツイート誤解され「ボケ!」連発

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が26日、ツイッターを更新し、現在も喉の違和感が残っていることから、翌日も違和感があれば近くのかかりつけ医に「電話」で相談、「いきなり病院に駆けつけるのは危険」とつぶやいた。だがネットでは病院に行くのか?などと話題になっており「しっかり俺のツイートを読め!ボケッ!」と激怒した。

 橋下氏はこの日午前のツイートで熱は36・8度であること、ただ喉の違和感があるため、27日も喉が回復しなければ「相談センターに連絡し、紹介された指定病院で診察をうけてみます」としたが、続けて「相談センターへの連絡はPCR検査を受けるためではありません。近くのかかりつけ医院に出向くと院内感染するおそれがあるからです」とした。

 だが「相談センターのお手を煩わせるのも問題ですから、まずは近くのかかりつけ医に電話で相談してみます。いきなり病院に駆けつけるのは危険」ともつぶやいていた。

 だがこの投稿に、「病院に行くのか」など否定的な声がネットで上がったことから、「僕は今の体制では風邪症状ですぐにPCR検査を受けるべきでないという立場。ただ5日以上感冒症状が続けば医師に診てもらうのは当然。PCRとは別として。ただし病院に直接出向くのも危険」と改めて記し、「25日朝日新聞の医療面に説得的に書いてある。ネットの国語力のないバカどもたちはしっかり読め!」と激怒。

 さらに「ネットのバカたちにもう一言。文中の指定病院とは感染症指定病院とちゃうわ!喉を診てもらうにも念のため感染症対策ができている病院に行かないと院内感染が生じるやろ!」と荒っぽい言葉で説明。「俺の文意が分からんお前らが感染拡大させるんや!ボケッ!しっかり俺のツイート読め!ボケッ!」と怒りは収まらず。

 最後は「腹立って、免疫上がって、喉の痛みひいてきたわ!ボケッ!」とユーモアも交え?体調を説明していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス