文字サイズ

橋下氏、岡田晴恵氏の意見に疑問「人口あたりの死者数で見るべき」

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が16日、ツイッターを更新し、白鴎大教授の岡田晴恵氏が新型コロナウイルスによる日本国内の死者の割合が「高い」などと語ったことに「人口あたりの死者数で見るべき」と反論した。

 橋下氏は岡田氏が13日のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」で、「日本は1528人の(感染者の)うちの(死者が)31人、2・1%って高いですよね。最高峰の医療の中でですから」と死者の割合が高いことを心配したという記事を添付。

 そして「いやいやモーニングショー持論の検査をどんどんやれば、分母の感染者数は増えて致死率は下がる」と主張。「肺炎死亡者は必ず検査をしているので分子の死者数は確か。人口あたりの死者数で見るべき」と訴えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス