文字サイズ

Matt 父・桑田真澄氏の知人女性と金銭トラブル「弁護士も立てました」

 野球評論家・桑田真澄氏の次男で、美容家、アーティスト、タレントとしても活躍するMatt(25)が1日、「【真実】」と題してブログを更新。大学に入学直後にブライダルモデルの仕事を始めるきっかけを作ってくれた父・桑田氏の知人女性(※以下、Aさん)との金銭トラブルを明かした。Matt側はすでに弁護士をたてており、週刊誌から取材があったため、「真実」を公表するに至ったと説明している。

 札幌の音楽学校の講師をしているAさんは桑田氏の古い知り合いで、中学生の頃に会ったことはあったが、桜美林大学に楽器推薦で入学した後の「約7~8年前くらい」に、桑田氏の紹介で再会したという。

 その後、Aさんからは札幌の音楽学校のイベントでゲストとして出演させてもらったり、札幌のホテルで模擬挙式があった際に、「初めてブライダルモデルとしてお仕事をさせて頂きました」と説明した。

 これがきっかけで、ブライダル会社X社からモデルの仕事をもらい、今もテレビ出演の際の衣装を借りるなど、X社とは良好な関係が続いているという。その後、Aさんが売り込んでくれた芸能プロダクションの会長からAさんとは付き合わない方がいい、と言われたこともあり、Aさんとは疎遠になったことも説明した。

 2017年にはテレビに出演し、芸能界デビュー。ピアノや歌など順調に活躍の場を広げていた昨年、突然、Aさんから自宅に「請求書」が届いた。衣装代、宿泊費、東京-札幌の航空券代、ボイスレッスン代、食事代など、計数百万円を請求するものだったという。

 Mattは「10代にお世話になったのはわかるけどいまさら請求?」「宿泊代と航空券の支払いはこちらで済ませてたし、そんなお金を払えない家ではないし」「そもそもその時に請求せずにいまさら感 請求内容もはちゃめちゃ」と納得がいかないことを伝えた。

 Aさんに対しては「感謝を忘れた時もない」とした上で、「他にも色んな噂」を聞いたとし、Aさんから電話で怒鳴られるなどのこともあったことから「僕は“離れなきゃ”と心から思いました」と明かした。

 Aさん側からの請求に関しては「これをどう訴えれるのでしょうか?どう請求出来るのでしょうか?」と疑問符。「2度も事実とは異なる内容の多額請求がきて弁護士も立てました」とも説明した。1日には週刊文春が自宅に取材に来たことを明かし、「彼女がリークしたのです」と不信感をあらわに。「僕はなに言われても構いません。真実は一つしかないので。」と主張。「彼女のせいで僕は人間不信になりました」「こんな小さなことで揉めるのは本当に面倒で取材も受けたくないのでここで全てを説明させていただきました」と記している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス