文字サイズ

百田氏 安倍首相と会食「大騒ぎするバカが…」「メシくらいでわめくな」

 作家の百田尚樹氏が28日夜に安倍晋三首相と会食した件について、同日深夜から29日にかけてツイッターに連続投稿した。

 首相は28日に国会で、新型コロナウイルス問題の対応のさなかに連日会食が続いていると指摘され、これに意見交換だと主張していた。

 その当日夜の会食相手となった百田氏は「総理が私とメシ食ったということで、大騒ぎしてるバカがようけ湧いている」と切り出し、「毎日新聞は『身内とメシ食ってる』といういやらしい書き方。誰が身内やねん!友人と身内は違うやろ!仮に同じやとしても、友人とメシ食って、何が悪いねん。プライベートで、誰とメシ食おうと勝手やないか」と主張した。

 首相動静にも掲載されたとして、会食にはジャーナリスト有本香氏も一緒だったとし、「会話の内容はプライベートなことなので公にできませんが、私と有本さんは、言うべきことは言い、伝えたいことは伝えました。いい会談だったと思います」とした。

 そのうえで「そもそもメシがメインやないが、これを批判する奴は、総理のメシの同席者まで、自分たちに決める権利があると思ってるのか!総理が自分らの気に入らん人間とメシ食べるのが、発狂するほど悔しいって、どうかしてるで」と反論した。

 「私は常に自分の言いたいことを言い、やりたいことをやってるだけ」と記し、「昨夜は総理と会った後に、高須院長と西原さんに会った。なかなか濃い夜だった」とも明かした。

 一連の投稿にはさまざまな意見が集まり、「それにしても、私が総理とメシを食っただけで、サヨクも保守も大騒ぎ。土曜の朝から、メシくらいでわめくなよ」とツイートした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス