文字サイズ

橋下氏が新型コロナ対策で安倍政権に苦言「自粛を民間に丸投げの日本政府はダメ」

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が21日、ツイッターを更新。新型コロナウイルスの国内での感染拡大によってイベント中止などの「自粛」が民間レベルで起きている中、政府が自粛の「解除期間」を明確に伝える姿勢がないことに対して「自粛を民間に丸投げしている今の日本政府はダメ」と苦言を呈した。

 橋下氏は「民間は自粛に入り始めた。次は出口議論。いつまでが自粛検討期間なのか、政府は逃げずにアナウンスすべき」と提言。さらに「自粛の効果は発生期まで。アナウンスがなければズルズル自粛が続き経済が致命的ダメージを受ける。アクセル・ブレーキコントロールが政治家のマネジメント力」と、政府としてのあるべき姿を訴えた。

 だが、現実はそうなっていないことに対し、橋下氏は「自粛を民間に丸投げしている今の日本政府はダメ」とピシャリ。「民間は政府をあてにせずに自粛に入り出したのだから、政府・政治家は腹を括って責任をもって自粛解除時期をアナウンスすべき。間違ったときの責任をビビるな!」と一喝した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス