文字サイズ

大阪オートメッセでも新型コロナ対策 一部ブースでコンパニオンもマスク姿

 関西最大級のモーターショー「大阪オートメッセ2020」(OAM)が14日、インテックス大阪(大阪市住之江区)で開幕した。初日から多くのカーマニアが訪れているが、そのほとんどがマスク姿。そして、一部のブースではマスク姿のコンパニオンがいた。

 写真を撮られる際にだけ、マスクを外すコンパニオンがいたが、国産自動車メーカーがひしめく3号館では、ほとんどのコンパニオンが写真撮影時もマスク姿。「新型コロナウイルス対策です」と受付前には消毒スプレーも用意するなど、予防を心がけている。

 自動車の説明などを行うコンパニオンも同様で、マスク越しに特徴などを来場者に伝えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス