文字サイズ

くまモンが神戸で落語披露 熊本地震支援のお礼に自ら志願

お茶子としても登場し、ざぶとんをひっくり返すくまモン=神戸市の喜楽館
3枚

 熊本県のPRマスコットキャラクターくまモンが17日、神戸市の寄席・喜楽館で、落語家の桂あやめ(55)が阪神・淡路大震災から25年の日に企画した落語会「KOBE117(いいな)!落語会」に出演し、落語を披露した。

 2016年の熊本地震で神戸の人たちから受けた支援のお礼にと、くまモンが自ら出演を志願。上方落語の寄席で高座に上がるのは4度目で、観客から「くまモン師匠~」と声援が飛んだ。

 上方落語の四天王のひとり・笑福亭松鶴のエピソードをもとに、熊本県水俣市の特産品をネタにした創作落語「紅茶四天王」を、巨体を揺らしながら熱演。あやめから小ばなしを促されると、くまモンは「あれが阿蘇山だよ」「あ~そ~」と当意即妙に応じ、大きな拍手を浴びていた。

 桂吉弥(48)の出番前には、舞台を整えるお茶子(ちゃこ)として登場。慣れない手つきで、ざぶとんをひっくり返していた。上方落語協会での猛稽古の成果を発揮したくまモンに、あやめは「だいぶ稽古しましたね。お稽古のかいがありました」と、落語の腕を絶賛していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス