文字サイズ

ホリエモン「馬鹿はタダで拡散手伝ってくれるボランティア」SNSで過激表現の理由

 実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が6日、ツイッターを更新し、自身のSNSで時折「馬鹿」などという表現をするのは炎上させて拡散させる目的と説明。「馬鹿はタダで拡散を手伝ってくれるボランティア的位置づけ」とやはり過激な文章で訴えた。

 ホリエモンは、一般人からの「少なくとも馬鹿だアホだという言葉は議論には不要だし、そういう表現をすれば堀江さんがいうところの馬鹿が騒ぐのは想像できる気がする」という意見をリツイート。そして自身がSNSで過激な表現を行う理由を投稿した。

 ホリエモンは「別に拡散しなくていいなら馬鹿って言う必要無いんだけど炎上しないと拡散しないからね。単に必要に迫られてやっているだけ」と、過激な表現は炎上させ、投稿を拡散させる“起爆剤”であるとした。

 そして最後に「馬鹿はタダで拡散を手伝ってくれるボランティア的位置づけ。ウザいけど」と、やはり過激な表現で締めくくっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス