文字サイズ

高橋克典「辰夫おじさん」秘話 梅宮さん実は親戚

 俳優の高橋克典(54)が12日、都内で対応し、故・梅宮辰夫さん(享年81)を悼んだ。梅宮さんと、高橋の母親がいとこの親戚関係で、幼少時から「辰夫おじさん」と慕ってきた。

 「明るく、華やかで、器が大きい方でした」。最近も梅宮さんは体調がすぐれない時期もあったが「好きに生きるぞ」と明るかったという。

 高橋が芸能界を志した時には「やめとけ。お前みたいに地味な顔したやつが」と、苦難が多い世界であるがゆえに反対したが、活動を始めると、何も言わず影で支えてくれたという。高橋は自身主演ドラマ「特命係長 只野仁」での梅宮さんとの共演を「最後の15年は一緒に仕事させていただけて、うれしかった」と振り返った。

 梅宮さんは映画俳優からテレビに活躍の場をシフトしたが、高橋には「アンナが生まれて生き方を変えた」と話したことも。一方で最近の映画を見ては電話で「今の奴は線が細い」と憤慨。「俺たちも必死にやった。がんばれよ、お前ら」と激励していたという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス