文字サイズ

日本に寒気襲来…松岡修造はトリノ ネット沸く「案の定海外でワロタ」「帰ってきて」

 7日は東京で最高気温7度の低い予想で、横浜で初雪が観測されるなど、真冬並みの厳しい寒気に見舞われている。

 過去、説明のつかない事例から寒気や猛暑のたびに居場所に注目が集まる“熱い男”こと松岡修造は、現在は日本を離れ、羽生結弦が出場しているフィギュア・GPファイナルの取材で、イタリア・トリノに滞在中。6日夜もテレビ朝日「報道ステーション」に現地から生出演し、織田信成とのコンビでとてもテンションが高い解説&リポートを届けていた。

 ネット上では「修造今トリノだってよ 寒いわけだ」「松岡修造日本にいないの?そりゃ寒いわ」「寒いと思って調べたら案の定修造が海外に居てワロタ」とお約束のツッコミが相次いでいる。

 「オフトンから出られない 修造帰ってきて!」「修造さーん早く帰ってきてー」と帰国を心待ちにするコメントも続いている。

 修造を巡っては、2014年のソチ冬季五輪の際、松岡が現地レポートのためにソチに向かったところ、日本が寒波となり、逆にソチの気温が上昇して雪が溶けた。その後も、リオ五輪でも猛暑を起こすなど、伝説を作り続け、今年5月に北海道が40度近い猛暑に見舞われ、5月の観測史上1位の記録猛暑となった際に、北海道の北広島市でテニス教室を開いているという伝説も誕生していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス