文字サイズ

Wヤング佐藤が吉本新喜劇入団 相方・平川さん死去で 妻・浅香あき恵と共演

吉本新喜劇に再入団した佐藤武志(左から2人目)を歓迎する妻・浅香あき恵(左端)、川畑泰史座長(右から2人目)、末成由美=大阪・なんばグランド花月
3枚

 Wヤングとして、11月11日に死去した平川幸男(ひらかわ・ゆきお、本名平川幸朗=こうろ、享年78)さんと漫才コンビを組んでいた佐藤武志(65)が3日、吉本新喜劇に入団し、大阪・なんばグランド花月での公演に出演した。もともと1973年から、平川さんと組む84年まで新喜劇で活躍した佐藤にとっては35年ぶりの古巣復帰となる。

 この日、「花月商事」の取引相手役で出演した佐藤は、93年に結婚した妻で新喜劇の女優・浅香あき恵(63)とも共演。商談を壊す原因を作った浅香をカバンでたたき、股間に足を押しつけ、カベにぶち当てるなど“キレ芸”で暴れた。

 終演後、佐藤は川畑泰史座長(52)、末成由美(72)、浅香とともに会見。「35年ぶりで。緊張やないけど、変な気分」と明かし、舞台上の激しい動きでは息切れしたとした。

 復帰のきっかけに関しては「4、5月くらいから。相方がいろいろあって、(容体は)大体分かっていた。迷ったけど、最終的には古巣に戻るのが一番だと。決めたのが8月くらい」と説明した。生前の平川さんは、「そうなる(新喜劇に復帰する)と思ってはったと思う」とし、「(出演した新喜劇の)テレビを見してくれよというのはあった。最期のとき」と振り返った。

 舞台で投げ飛ばした妻の浅香については「(体が)重くなってる。(昔は)細かったんで」と“手ごたえ”を明かした。浅香は「自分より、この方が出るときが緊張した。娘の発表会みたい」といい、夫の攻撃は「怖いだけ。体がムチャできない。ケガさせられたらどうしようと思っていた」と告白。一方で「これからは(セリフ覚えを)手伝ってもらって、本読みができる」とのろけた。

 川畑座長からの期待も大きい。「新喜劇も高齢化していて、僕が52歳で結婚前の役をやったり。そのお父さんがいないんで、お芝居ができて、お笑いを分かっておられる方が入ってこられるのはありがたい」と歓迎された。

 故花紀京さん、故岡八朗さん時代の新喜劇について「(今と)スピード感が違う。あの時代はゆっくりしゃべる。抑揚をつけて。ホンマに芝居してた」と回想。後輩だらけの現在の新喜劇は「精度が上がってレベルアップしてる。緊張せんのか、こいつらは(という感じ)」と称賛した。

 65歳で再挑戦する佐藤は「昭和の笑いが好きなんで、(現代と)融合させたい。目標は桑原和男さんの83歳。そこまで動けたら」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス