文字サイズ

フジモン 妻・木下優樹菜の騒動で謝罪「ホンマご迷惑を…」 現在は「反省の日々」

「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演したFUJIWARA・藤本敏史(上段右)
2枚

 お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(48)が、30日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜、前11・55)で、妻のタレント・木下優樹菜(31)の“恫喝DM騒動”を謝罪している。

 木下は自身の姉が勤務していたタピオカドリンク店のオーナーとトラブルが発生。オーナー側にどう喝めいたDM(ダイレクトメッセージ)を送っていたことが発覚し、大炎上。10月9日にインスタグラムで謝罪し、今月18日に活動自粛を発表した。

 番組では藤本が「すみません。ホンマにご迷惑をおかけして…」と神妙な面持ちで謝罪。苦しい胸の内を告白するとともに、「反省の日々」という現在のユッキーナの様子などを明かす。

 また、司会の今田耕司(53)は21日に都内ホテルで行われた、闇営業問題で謹慎中の雨上がり決死隊・宮迫博之(49)を囲む会の裏話を披露した。

 今田は、明石家さんま(64)主催で行われた『みんなで一緒にオフホワイトからブラックに そして白紙に戻った男を囲む会』に出席。極秘で準備が進められていた同会はテレビや芸能関係者、芸人仲間ら約100人の出席者には事前に招待状が郵送されたというが、今田は危うく「捨てるところだった」と告白した。ある芸人はうっかり捨ててしまい、必死に探し出したというが、その理由とは?

 さらに、「やっぱりバラエティーを作ってる人はすごい!」と今田をうならせたテレビ関係者の大ウケスピーチや、「だだスベりやった」という芸人軍団のややウケスピーチの実態も暴露。今田は盟友・東野幸治(52)との“Wコージ”で“宮迫大糾弾”を行い、爆笑を取ったという。

 また、今田は宮迫と交わした会話も明かす。宮迫に少しやせているように見えると指摘したところ…。「宮迫、そういうところやぞ!」と思わず説教しそうになったという宮迫からの返答とは?

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス