文字サイズ

のん、中学時代は米6合食べて「6合分の体型だった」

 女優・のん(26)が21日、都内で、「ご当地タニタごはんコンテスト」のトークショーに登場した。

 白米が大好きだというのんは、「中学生のときは一度に6合食べていましたね」と仰天エピソードを披露。「当時は今より全然ぽっちゃりしていて、6合分の体型だった。さすがに今は6合食べないですよ」と笑って明かし、現在は「お菓子を制限しています。ポテトチップスとかチョコレートとか好きなんですけど、ご褒美にしています」と気を遣っている様子だった。

 兵庫県出身ののんはご当地グルメの「姫路おでん」を紹介。「しょうがじょうゆにつけて食べるのがおでんだと思っていた。東京に来て『つけないんだ!』ってびっくりした」と食文化の違いに驚いた様子だった。

 「ご当地タニタごはんコンテスト」は今年で2回目。のんはこの日、来年のコンテストのアンバサダーに就任し、「日本の地域の料理をつないでいくって本当にすてきな事だと思います」と意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス