文字サイズ

古賀茂明氏 原発マネーは政治家にもと指摘…元経産官僚、関電への3億2千万問題で

 元経済産業省官僚の古賀茂明氏が27日、ツイッターに新規投稿。関西電力の八木誠会長(69)や岩根茂樹社長(66)らが2017年までの7年間に、関電高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役森山栄治氏(今年3月に90歳で死亡)から、多額の金品を受領していた問題について見解を示した。

 古賀氏は「原発マネーはケタ違い だから止められないわけだ」とツイート。「原発のある高浜町の元助役は『お世話になっているから』資金提供したという 『お世話になっている』政治家にも億単位でカネが流れたと考えるのが自然」と多額の金品が流れた先は関電関係者だけではなく、政界にも流れているはずだと指摘した。

 「元助役は3月に死亡 真相究明は困難?今こそ国会の出番 徹底追及すべきだ」と、うやむやにすべきではないと投稿した。

 関西電力の八木誠会長や岩根茂樹社長らが2017年までの7年間に、関電高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役森山栄治氏(今年3月に90歳で死亡)から、多額の金品を受領していたことが、金沢国税局の税務調査で分かった。岩根社長は27日、臨時の記者会見で「深くおわび申し上げる」と謝罪。社内調査を進めた結果、計20人が総額約3億2千万円を受け取っていたことが判明し、自身や八木会長を報酬減の処分にしたと明らかにした。辞任は否定した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス