文字サイズ

仲邑菫初段、相手の“時計押し忘れ”で4連勝 7歳年上羽根彩夏初段とのライバル対決

対局前、羽根彩夏初段と向き合うとニコッと笑顔を見せた仲邑菫初段=大阪市・関西棋院
3枚

 囲碁のプロ最年少棋士・仲邑菫初段(10)が23日、大阪市中央区の関西棋院で打たれた「第14回広島アルミ杯・若鯉戦予選」に出場。同期の羽根彩夏初段(17)との1回戦で黒番時間切れ勝ちし、公式戦連勝を4に伸ばした。

 一進一退の攻防は、めずらしい結末で幕を閉じた。342手目を打った羽根初段が、打った手で押さなければいけない対局時計のボタンを押し忘れるミス。持ち時間の30秒を超える時間切れで、仲邑初段が勝利した。

 相手の羽根初段は、祖父が泰正九段(75)、父が直樹九段(43)、母はしげ子初段(46)と三代の囲碁一家。信也九段(46)を父に持つ仲邑初段とのライバル対決となったが、異例の時間切れ勝ちとなった。

 仲邑初段と羽根初段は、8月15日に大阪市内で行われた非公式の特別対局でも顔を合わせ、仲邑初段が150手で中押し勝ち。この日もリベンジに燃える羽根初段を、気迫で上回った。

 「難しい碁でした」と対局を振り返った仲邑初段は、午後1時半から予選準決勝で宮本千春初段(25)と対戦。予選決勝に進めば、1日最大3局を打つことになる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス