文字サイズ

高橋みなみ、AKB時代イライラで激ヤセ35キロ…叱責映像「パワハラ」とイジられる

 元AKB48総監督の高橋みなみ(28)が19日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演。AKB48を率いた時代を「総監督時代は本当にイライラがつのりすぎて、びっくりするくらい体重が落ちました」と告白した。

 体重が35・5キロまで落ちたと振り返り、激ヤセした時代の写真が紹介された。「148センチなので43キロくらいなきゃいけなかったんですけど、気づいたら35キロ…」と振り返った。

 番組では東京ドーム公演5日前のリハーサルで、緊張感のないメンバーにマイクで叱咤する映像も。高橋が「ねぇわ!帰れば?」「何?腐ってんの?」「寝たいなら家帰れよ」「私語も多いしうるさいししゃべる暇あるならカフェにでも行きなさい」と叱り、メンバーがしんと静まり返る様子が流れると、ダウンタウン松本人志が「これはすごいパワハラ映像ですね」とイジっていた。

 また共演した藤本美貴は、モーニング娘。のリーダー時代が「25日間」だったと回顧。浜田雅功に「少なっ」と言われると「庄司と撮られたから」と笑わせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス