文字サイズ

吉幾三の津軽ラップが100万回再生突破 自動字幕も意味不明、倍速が「カッコいい」

 歌手の吉幾三のラップ新曲「TSUGARU」が「何を言っているかわからない」として話題を集めているが、11日に公開されたYouTubeでは18日までに再生回数100万回を突破。更には、動画を倍速で楽しんだり、自動字幕機能を作動させるなど、さまざまな楽しみ方が広がっている。

 衝撃のラップ「TSUGARU」だが、すべて津軽弁の歌詞が「何回聞いても分からない」「何を言っているかわからない」「ジワる」「何言ってるかわからないけど好き」など反響が広がっている。

 YouTubeでは11日から字幕付きで公開されているが、字幕は吉の津軽弁をそのまま字にしており、読んだだけでは意味不明。さらにはYouTubeには自動字幕機能がついているが、これを作動させてみると、ところどころはきちんと表示するものの、よく分からない言葉が羅列されるばかり。

 またこの動画の速度を1・25倍にしたものもネットでは「かっこいい」などと話題になっている。

 公開から1週間で早くも100万回再生を突破するなど一躍注目曲に。標準語の訳詞もツイッターにアップされ、今年の紅白出場を期待する声も上がっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス