文字サイズ

令和最初の一字は?11月1日から応募開始「今年の漢字」25周年

 フリーアナウンサーの宇垣美里(28)が16日、都内で、「漢字の魅力~『今年の漢字』25周年記念シンポジウム~」に登場し、早くも自身の「今年の漢字」を披露した。

 毎年12月に京都・清水寺で発表される「今年の漢字」が今年で25周年を迎える。「今年の-」は、公益財団法人「日本漢字能力検定協会」が、1995年に選定を始めた。選定方法は始まった当初から一貫して投票のみ。応募を集計し、1番票の多かった文字に決定する。事前に候補の字を選んだり、有識者の意見を取り入れることはないという。

 そのため「金」のように複数回選ばれたり、03年の阪神のリーグ優勝にちなんだ「虎」が選ばれることもある。協会内では「『金』は殿堂入りにした方が良いのでは」という意見もあったが、「それでは趣旨が違ってしまう」と“特別扱い”はせず、全ての漢字が平等となっている。

 この四半世紀の世相を彩ってきた「今年の漢字」。令和最初となる一字の応募は11月1日から始まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス