文字サイズ

小栗旬「初日で役者失格」 恥ずかしくて沢尻の胸触れず、沢尻「もっとこいよ!」

 俳優の小栗旬(36)が14日、都内で行われた主演映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の公開記念舞台あいさつに登場した。天才作家・太宰治を演じた小栗は、太宰の愛人で弟子の太田静子を演じた沢尻エリカ(33)から「胸を触って来なかった」とキツい指摘を受け「初日で役者失格だと思いました」と明かした。

 問題のシーンは初日に撮影された。沢尻は「初日のバーのところで最初からキスシーンだったんですよ。小栗さんは慣れていらっしゃると思っていたんですが、全然来ないんですよ。そういうお芝居なんで、もうちょっと胸に触ってぐいぐい来るかと思ったら、全然来ないんで“もっとこいよ!”と思ってました」と暴露。これには小栗は「初日から役者失格でした。触るのが恥ずかしくて、“よく、こんなことするな”と思ったりして。反省しました」と照れ笑いするばかりだった。

 小栗はもう1人の愛人・山崎富栄を演じた二階堂ふみ(24)からは「最後の雪のシーンで足が動かなくなって塩水につけていたのを見ました。役者魂を感じました」と称賛されたが、これにも「減量ミスです。塩分なくして脱水症状を起こしてしまいました」と反省するばかり。

 小栗はそこまでに至る事情を「太宰をやることになってから15~6キロ減量しましたが、最後の雪のシーンでは60キロしかなかった。計算して落としていけばよかったんだけど、最後の最後でガツンと落とそうとしたから体に来てしまった」と説明した。蜷川実花監督(46)も「日ごとに体重は落ちていくし、顔色も悪くなっていく。どこまでもつのかと心配でした。最後のシーンはきりぎり、壮絶でした」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス